腰痛・ぎっくり腰

Low back pain / crank

いつの間にか当たり前になってしまった腰痛、たびたび再発するぎっくり腰。その症状、諦めていませんか? 根本原因をしっかり取り除けば慢性的になった痛みや急な再発もなくなります。

SELF CHECK 該当していたら要注意!

座るときは横座り、足を組んで座る姿勢がほとんどだ

身体は硬いほうだ

肩肘をついていることが多い

バッグや荷物を持つときは片側の肩に掛けることが多い

明成堂整骨院の腰痛・ぎっくり腰の治療法

IMG_2820

明成堂整骨院は腰痛・ぎっくり腰の根本的な治療法として、「トムソンベッド」という特別な矯正機械と手技を組み合わせた施術を行います。一口に腰痛と言っても痛みの箇所は様々ありますので、痛む部位に合わせた骨格と骨盤を整えることが肝心です。矯正は骨がバキバキと音を立てて鳴るような施術ではないので、手荒な治療はイヤだという女性の方も安心して受けたいただくことができます。

また、整えた関節の位置を保持するためには適度な筋力が必要です。その保持に重要な役割を果たす体幹は、身体を姿勢良く支えるためにあります。私たちが立ったり座ったり走ったりできるのは、すべてこの体幹があるからこそ可能。その体幹を鍛える◎◎を併せて施術することで、腰痛・ぎっくり腰の再発しない健全な身体づくりをサポートいたします。

施術後の効果

腰痛・ぎっくり腰改善

むくみ解消

疲労回復

肩こり・四十肩・五十肩

Stiff shoulder

揉んでもらっても痛みがあるだけの万年肩こり。肩より上に腕が上がらない四十肩・五十肩。年齢や生活週間のせいだと諦めてはいけません。明成堂整骨院ならその肩、ちゃんと解消できます!

肩こり・四十肩・五十肩 SELF CHECK 該当していたら要注意!

パソコン作業や車の運転などおなじ姿勢を長時間続けることが多い

目の使い過ぎで目の奥に疲れが溜まっている感じがする

枕が合わず寝苦しい夜が多い

慢性的な運動不足になっている

明成堂整骨院の肩こり・四十肩・五十肩の治療法

Skeletal correction

肩こりなどは主に肩付近の筋肉の張りが骨格の歪みによってなかなか緩んでくれず、慢性化し症状が悪化します。昔からのイメージで肩こり解消法と言えばマッサージと考える方も多くいらっしゃると思いますが、マッサージは身体の表層部の刺激やもみほぐし効果があるだけで筋肉の張りはある程度緩和できても、深部の筋肉の緊張や骨格の歪みまでは矯正できません

肩こりの根本解決を促すために、明成堂整骨院では骨格骨盤矯正プログラムを用います。長時間のデスクワークをするうちに猫背や前かがみなどの姿勢動作の蓄積でゆがんだ背骨、骨盤などの骨格を矯正し、筋肉の張りの悪化を防ぎます。それと同時に手技で筋肉部の張りをほぐしていくことで、表側から内側までのこりの原因を丸ごと解消することが出来るのです。

施術後の効果

肩こりの改善

頭痛の解消

眼精疲労や懈怠感の改善

首の痛み・寝違え

Neck pain

朝ツラい首の痛みと寝違え。実はこれらは同じような原因で起こる症状なのです。原因を知ることで朝のストレスから解放されます。

SELF CHECK 該当していたら要注意!

枕の高さが合っていないと感じる

ソファやこたつで寝てしまうことが多い

知らず知らずのうちに猫背になってしまっている

明成堂整骨院の首の痛み・寝違えの治療法

Neck Treatment

首を一方向に固定した体勢で寝てしまったり、ソファで長時間ゆがんだ体勢をとっていたりすると寝違える事があります。しかし、寝違えの原因は同じ姿勢、ゆがんだ体勢をとったからといって必ず起こるとは限りません。それらはあくまでトリガーであって、根本の原因はもっと身体の内部にあることが多いのです。その深層原因は首・肩の筋肉や関節の衰えと姿勢など骨格のゆがみ。筋肉と関節の衰えが正常な姿勢を保てなくするため首の筋肉を緊張させ、さらに背骨など骨格のゆがみがそれらを悪化させることにつながります。

この症状を治療するため、明成堂整骨院では首の筋肉と骨格の矯正にトムソンベッドでの骨格骨盤矯正と体幹EMSプログラムを組み合わせた施術をオススメしています。

施術後の効果

朝の首の痛みの改善

寝違えの予防

骨格矯正による再発の防止

頭痛

headache

頭痛は骨格のゆがみ・肩こり・ストレス・デスクワークの疲労など、様々な要因から起こる併発症状です。トータルバランスを改善させることで根本治療を進められます。

SELF CHECK 該当していたら要注意!

ストレスとひどい肩こりに悩まされている

不眠症気味である

夜眠れないが昼間は眠気が取れない

明成堂整骨院の頭痛の治療法

一般的に呼ばれる「頭痛」は、筋緊張性頭痛・片頭痛・群発性頭痛の3つに分けられます。

筋緊張性頭痛:
肩周りの筋肉が疲労の蓄積や使い過ぎによって緊張から固まってしまい、それが原因で起こる頭痛の事です。慢性的な肩こりを患っている方に起こりやすく、症状としては頭が重く感じる、頭の後頭部や前頭部に鈍痛がするといったものがあります。

片頭痛:
原因は現在もはっきりしておらず、血管の拡張や神経が過敏になっていることが原因で側頭部に血管が拍動しているような強い痛みが出るのが特徴です。

群発性頭痛:
緊張型頭痛や片頭痛と比べて患者数が少ない症例です。アルコールがトリガーになり飲酒後40分から1時間ほどたった頃に発作が現れやすく、それ以外にもタバコや気圧の急激な変化なども誘因となるといわれています。女性に多くみられる片頭痛に対し群発頭痛は20~40歳代の男性に多く、女性の4~5倍にのぼるともいわれます。

明成堂整骨院では、骨格矯正とハイボルテージ療法の組み合わせで身体の内部の痛みを除去、体幹EMSプログラムで筋力の増強による矯正した骨格の維持と継続、そして生活習慣を改善するカウンセリングで対処しています。生活習慣が大きなウェイトを占める症状ですので、フィジカル面の改善だけでなくメンタル面でのフォローも重要になります。

施術後の効果

一時的、慢性的な頭痛の解消

骨格矯正で肩こりなどの前段階の症状の治療

生活習慣改善=体質改善につながる

捻挫・肉離れ・打撲

Sprain, muscle contraction, bruise

スポーツ外傷で多い症状です。柔道整復術の分野に入り、プレー中に明らかな外力によって組織が損傷するものです。柔道整復師である当院院長はスポーツ選手の治療経験も豊富にあり、的確な施術を行うことができます。

対応傷病名

部位 対応傷病名
頚部
(首筋)
頚椎捻挫
頚部捻挫
頚椎挫傷
むち打ち症
外傷性頚部症候群
肩関節捻挫
肩鎖関節捻挫
肩関節挫傷
肩関節腱板損傷
肩腱板損傷
肩打撲症
肩峰下滑液包炎
肩鎖関節脱臼
肩関節脱臼
外傷性肩関節拘縮
胸部・背部 胸椎捻挫
胸腰椎捻挫
胸背部痛
胸椎圧迫骨折
肋軟骨損傷
肋骨骨折
背部挫傷
腰部 腰椎捻挫
腰部捻挫
腰部打撲
腰臀部打撲
腰椎横突起骨折
外傷性腰椎椎間板症
外傷性根性坐骨神経痛
尾骨骨折
根性坐骨神経痛


手首
内外側靭帯損傷
肘打撲
肘挫傷
肘滑液包炎
肘関節拘縮
前腕打撲傷
橈骨骨折
橈骨頭骨折
尺骨骨折
橈骨尺骨骨折・尺骨神経障害
TFCC損傷
三角線維軟骨複合体損傷
示指基節骨骨折
拇指基節骨骨折
拇指末節骨開放骨折・拇指IP関節拘縮
骨盤
股関節
大股
骨盤骨折
仙骨骨折
仙腸関節脱臼骨折
仙腸関節脱臼骨折後骨盤痛
恥骨骨折
恥坐骨骨折
寛骨臼底骨折
坐骨骨折
膝打撲
半月板損傷
内外側靭帯損傷
前後十字靭帯損傷
膝蓋骨脱臼
太もも~指先 足関節捻挫
脛腓関節捻挫
脛骨骨折
脛腓骨骨折
脛骨近位部骨折
脛骨高原骨折
脛腓骨骨折
下腿部挫傷
中足骨骨折
足趾部骨折